様々な機械の進化〜工事現場で使う機械や身の回りのもの〜

値段について

計測機器の製品価格は高額なので、購入する代わりにレンタルやリースの利用で出費が抑えれます。

spectrumanalyzerは、電気信号成分の中に周期性の信号がどれだけ混在しているかを周波数ごとに確認、測定できる計測機器です。具体的には、1KHzと2KHzに電圧比率25デシベルの電気信号が含まれている、といったように具体的な周波数とその混在信号の相対的な電圧比率が確認できます。 spectrumanalyzerの特徴は、非常に精度の高い測定を行うにしては、内部回路が比較的簡素に設計されている点です。主な測定回路は、ADコンバータ回路、デジタル信号処理演算回路、表示パネル制御回路、それにこれらを集中制御するプロセッサを搭載した回路です。 近年は様々な回路を一つのLSIに組み込むシステムLSI技術の進歩もあって、これらを数個のLSIに搭載させている場合もあります。 spectrumanalyzerは、精密機器のため製品価格もそれなりに高額です。そこで、短期利用ではレンタル、中長期利用ではリースを利用する事で、低価格の出費で利用する事が可能になります。

spectrumanalyzerの平均相場は、標準的な測定機能を搭載した普及版で概ね十万円程度です。

spectrumanalyzerが製品として市場投入された頃、その価格は数十万円から数百万円と非常に高額な計測機器でした。これは、計測器内部の電子回路が非常に複雑に構成された設計になっており、部品単価も高額だったため、設計開発製造コストが高額となり、製品価格に反映されたのが要因です。 その後、半導体技術はもちろん、デジタル信号処理技術の進歩や、電子回路設計開発の発達等、多面的な技術革新によってspectrumanalyzerも比較的簡素な設計開発を行なう事ができるようになりました。 その結果、現在では標準的な計測機能を搭載した普及版の製品価格帯は概ね十万円程度となっています。 今後の価格帯の推移予測ですが、計測機器としての測定機能もほぼ固まっており、電子回路に搭載する部品単価の量産効果によるディスカウントもあまり見込めないため、今後は現在の価格帯をほぼ踏襲するかたちになると予想されます。

Copyright (c) 2015 様々な機械の進化〜工事現場で使う機械や身の回りのもの〜 all reserved.