様々な機械の進化〜工事現場で使う機械や身の回りのもの〜

ラフタークレーンとは

コンパクトに纏まった性能を持つクレーン車、ラフタークレーン

ラフタークレーンは重量、大きさ、操縦性がコンパクトに纏まったクレーン車です。ラフテレーンクレーンとも呼ばれます。 他のクレーン車と違うラフタークレーンの特徴はコンパクトな性能ならではの作業のしやすさです。ラフタークレーンのブームは組み立て不要でアウトリガーとブームを伸ばせば即作業に移れるテレスコピックブームが採用されており、作業時間の短縮になります。また、四輪操舵システムが採用されている為、狭い現場でも細かく移動させることが出来るので思い通りの作業が可能となっています。タイヤも大きいので悪路でも安定した走行が出来ます。最高速度は約50km/hで重量が軽く小さいエンジンを使う事でコストダウンにも成功しています。 コンパクトながらも万能性に優れたラフタークレーンを使うことで、安全かつ安定した作業が出来ることでしょう。

ラフタークレーンを使う方法

ラフタークレーンは主に工事現場などで作業されるクレーン車です。荷物等を釣り上げて旋回、移動といった作業を行います。建設関係の仕事につくと操作する可能性が高くなります。建物の組立てから解体作業など幅広く活躍の場がある車両です。また、荷物の積みおろしといった郵送関係の仕事でのも必要とされています。 ラフタークレーンは許可をとれば一般道路で走行することが可能です。ラフタークレーンを運転して操作をするのには移動式クレーン運転士の免許が必要になります。 免許取得には普通自動車免許を持っていればそれほど時間がかからずに資格を取ることが可能です。ラフタークレーンを使った実技授業が1週間ほどで完了することができます。

Copyright (c) 2015 様々な機械の進化〜工事現場で使う機械や身の回りのもの〜 all reserved.