様々な機械の進化〜工事現場で使う機械や身の回りのもの〜

地震を知る

緊急地震速報受信機とは気象庁が中心となって提供している、地震の発生後に危険を知らせる地震早期警報システムを受信するための機械のことをいいます。テレビ放送や携帯端末などで受信することもあれば、専用の機器を用いて受信することもできます。緊急地震速報には大きく分けて2種類あります。地震動警報と呼ばれる震度5弱以上の地震が起きた地域を伝える「一般向け」と地震動予報と呼ばれる各地の震度の揺れや到達時間が予測で伝えられる「高度利用者向け」です。 地震が起こってから揺れるまでのわずかな時間にいかに適切に行動するかが重要になってくるため、緊急地震速報受信機にもさまざまな取り組みがなされています。たとえば、速報が間に合わないとされている直下型地震の震源地付近でも内臓した地震計で揺れを感知できるようにしたり、津波警報や噴火情報まで知らせることができるものもあります。

緊急地震速報受信機のうち、一般向けを利用する場合はテレビやラジオ放送や携帯端末を持っていれば自動的に知らせてくれます。しかし、高度利用者向けの地震予報の場合、専用の緊急地震速報受信機が必要になります。ちなみに、予報を知らせるのことができるのは気象庁の長官の許可が得られた事業者のみとなります。 緊急地震速報受信機を用いて予報を知らせる際には、以下の3パターンがあります。予報配信型とは、事業者が予報を行い、それを利用者の受信端末に知らせる形態をいいます。端末型とは、事業者が地震速報を端末に送り、端末が地震を予報する形態をいいます。また、事業者が予報装置を利用者側に提供または販売して設置し、その機械自体が予報を行う装置提供型とよばれるものもあります。その際には、インターネット回線などの利用が必要になります。

Copyright (c) 2015 様々な機械の進化〜工事現場で使う機械や身の回りのもの〜 all reserved.